HOME > ブログ

ブログ

Y様の髪質の変化

山田さゆり.jpg

↑は前々回ご来店時のもの。

↓は、前回ご来店時のもの。



山田.jpg

Y様の今の髪質は・・・
○毛量がとても多い。
○髪の毛一本が太く、硬い。
○割と強めのクセ毛(波状、捻転毛)。
○常時乾燥しており、広がる。
○ブローをしてもアイロンを使っても、真っ直ぐにはならず、ボリュームが落とせない。
○矯正毛であり、カラーも不定期的だが、染めている。

Y様がご来店される頻度が(主にグレイカラー)2年前あたりから急に増えました。
だいたい月一。
それまでは、だいたい半年に一度位。

カラー後は、かならずトリートメントをしますから、髪の毛には、アルカリをはじめとして
シリコンの除去。
そして、セラミドNG、セラミドEOP、セラミドNP、セラミドAP、フィトスフィンゴシンとヒアルロン酸。

これらを髪の毛にふんだんに入れ込むことで、髪質に大きな変化がおこります。

しかし!
変わると私たちも確信しているのですが、Y様の劇的な変化には
とても驚いているのです!(笑)

このことは、改めてこのアデュール・パセ・トリートメントのすごさを実感するエピソードとなりました。

たかがシャンプー。されどシャンプー!
疎かにしてはいけません!

たかがトリートメント。されどトリートメント!
続ければ、必ず髪質が変わります。



新旧、ジムニー対決!

ジムニー.PNG
旧、旧型ジムニー(ja12)と新型ジムニー(jb64)

お世話になってるスズキ販売店で、遭遇しました。

似てるようで別な車のような・・・

従来のジムニーの良さは、しっかりと継承されているみたいですよ。

乗りやすさも格段に上がっていて、女性でも、街乗りでも十分に快適に乗れる車になっています。


DSC_0496.JPG
DSC_0488.JPG
↑旧、旧型(ja11)
DSC_0501.JPG

新型は、ジムニーらしからぬ安全装備満載! 近頃のトレンドはしっかり装備されています。

一方、旧型は旧型で、何とも言えない魅力がありますよね。
ja12に比べ、ja11は、乗り心地は最悪レベル。板バネのサスは、路面のギャップをもろに拾ってしまいます。

そんな旧、旧型ジムニー!
めちゃアナログな車ですが、何とも言えない味があるのです。







新旧ジムニー。どちらもいい車ですよね!




和膳 千曲さん

折詰めを、「和膳 千曲」さんにお願いして作ってもらいました。

和食の良いところを実感できる美味しさ。

素材の味がよくわかる優しい味付け。

日本人ですもん。

やっぱり和食でしょ!



フルベッキ写真の謎。

佐賀市・唐津市・鳥栖市の会場で開かれていた、

「維新博」も今月で終わってしまいました。

私が一番行きたかった会場は、「長崎館」でした。

ここは、幕末の写真家、上野彦馬を取り上げていたのですが、

幕末の一番有名な写真といってもいいと思いますが、

やっぱりそれは「坂本龍馬」の写真でしょう!

この「長崎館」の目玉は、坂本龍馬と一緒に写真に写れること!(笑)

私は写りたくて写りたくて、ここを訪れたのです。

フルベッキさんは皆さんご存知でしょうか?

このフルベッキ写真は、以前は、幕末の志士たちが集合した写真だと

言われたこともありました。

写真に写ることを嫌って、一枚も写真が残っていない西郷隆盛も写っていると

噂されたことも・・・(笑)

私も初めて見た時は、そのように聞いていたので、信じ込んでおりました。

もちろん、坂本龍馬も写っているのだと・・・(笑)
IMG_2160.PNG
(中央の外人さんが、オランダ人のフルベッキさん)

そして、佐賀藩士だった大隈重信や江藤新平なども写っていると・・・

ただ、残念ながら今の研究では、佐賀藩校であった「致遠館」(ちえんかん)の学生たちであったというのが

有力だそうです。

岩倉具視の息子たちが、数年、この「致遠館」で学んだ事実があり、その息子たちの

写真と酷似している者が写っているのが、その説を裏付けているのだとか・・・・

勤王の志士たちの集合写真だったら、こんなに夢のあることはないであろうに・・・(残念です!)

フルベッキ写真を汚しているのが、一部写っていますが、それはご容赦ください!(笑)

真相はどうなんでしょう?(笑)

フルベッキ写真の謎の真相は、あまり聞きたく無い気がします。(笑)

いだてん!

まさに今! NHKの大河ドラマ「いだてん」のモデルになっている、

熊本県出身の「金栗四三」(かなくりしそう)さんの「金栗四三ミュージアム」へ行ってきました。

場所は現在の熊本県玉名市和水町(なごみまち)にある、「三加和温泉」施設の一角にあります。

金栗さんは日本人初のオリンピック選手なのです。

なんと彼は、当時のマラソンの世界記録を2度も作った人なのです。すごい!

そして初めて知ったのですが、私が大好きな「箱根駅伝」の発案者。

それにちなんで、今でもその年の箱根駅伝の全選手の最優秀選手に、

「金栗四三杯」という賞を与えられるのだとか。

ちなみに今年の受賞者は、優勝チームの東海大学の小松選手。

また、富士登山駅伝の一般の部の優勝チームに贈られるのだそうです。

しかもその受賞カップは、金栗四三さんがオリンピック国内予選会で、優勝した時に

贈られた優勝カップをそっくりに複製したものです。
kanakuri.PNG
受賞者は、柏原竜二さんや神野大地さんなど、錚々たる選手が名を連ねてます。

金栗.jpg

古閑の滝

DSC_0311.JPG
古閑の滝は、阿蘇山の東の外輪山にあります。

九州では珍しい、冬季に完全凍結をする滝なのです。

落差は100mあり、迫力のある滝です。

写真は昨年のものですが、今年も2月には見られるのではないでしょうか?

一度見ておいて損はありません!
DSC_0303.JPG

長陽大橋

阿蘇大橋が熊本地震で崩落して、

いま、工事が進んでいます。

旧阿蘇大橋のあった所から、600m下流に建設されるそうです。

2017年には、栃ノ木から立野を結ぶ「長陽大橋」が完成しました。

阿蘇方面はたびたび行っていますが、この橋を使うことがなくて

初めて通ってみました。

ここは、かなり深い渓谷で、川岸が崩落している様子も見れます。

急ピッチで架けた橋だという事がよくわかります。
長陽大橋.PNG

今は懐かしい寝台列車

九州にも東北にもかつては、寝台列車は走っておりました。

長崎出身の私も、数度ですが乗った事があります。

長崎東京間や鹿児島東京間。大分間など。


よく出かける大分県日田市の道の駅に、その寝台列車が展示されています。

私は鉄男君ではありませんので、詳しくは分かりませんが、

興味はあるのです。

とかく、九州にはそういった面白い列車が多くあります。

代表的なのは、やっぱり「ななつ星」や「ゆふいんの森」でしょうか?

車で走らせてる時に、偶然、その2つの列車を見たことがありますが、

発見すると、異常にテンションは上がりますね。(笑)

残念ながら上の2つの列車は乗った事がありませんが、

乗るより、眺めていたほうがいいような気がします。

偶然見かけたそういった列車は、不意にやって来ますから写真を撮るのも

一苦労なのです。(笑)

下は大分間を走っていた「富士」です。

ディーゼル機関車でしょうか?

今も「久大線」(久留米ー大分)は、電化されていませんし、単線なのです。

ですから意外なことに、「ななつ星」も「ゆふいんの森」も電車ではなく、機関車なのですよ。


IMG_3152.jpg

味があっていいですね!
IMG_3161.jpg

残念なことに、だいぶ傷んでいます。
IMG_3160.jpg


ヘアケアの基本はシャンプー選びから。

ご家庭でのヘアケアは、どうしても限界がありますよね。

サロンのような施術は、ご家庭での再現は難しいと思います。


前にも書いたと思いますが、ヘアケアの基本となるのは

やはり、ご家庭で行うシャンプーとトリートメントじゃないでしょうか?


たまに行くサロンよりも、毎日のご家庭でのシャンプーとトリートメントが大事なのは

当然といえば当然ですよね。


oilの話。シャンプーの話。

前のブログでオイルの話をさせて頂きました。

このブログをご覧になったお客様が、ご来店された時に、

やはりオイルは良いものと思って塗っていたそうです!


「それをずっと塗っていて、髪の毛の乾燥は改善しましたか?」

の質問に、「改善していないし、硬くなって来てる気がします。」

との事。

当店のトリートメントは、水分をたっぷりと髪に入れ込むものですが、

オイルがたっぷりついた髪の毛には、効果も半減するようです。

そこで、比較的油分を落とせるシャンプーでオイル分を落とすのですが、

完全には落とすことはまず、できません。

ですが、オイルが過剰についていると、何をしても結果は良くは無いと思います。

しかし、こういった脱脂力の強いシャンプーも、頻繁に使うことはよくはないと思います。

皮脂などの体から出る油分というのは、取りすぎも良くないみたいです。

取りすぎてしまうと、余計に分泌してしまうようです。

毛穴から分泌されるオイル分。

皮脂が多い方は、毎日シャンプーしても翌日の夕方には

オイル分で髪の毛がしっとり。べたっとしてしまう。

という方も少なくありません。

適度なバランスの皮脂との付き合い方が大事だと思います。

それから、シャンプー選びも大事です。

ご自分の髪の毛の質や、頭皮の質にあったシャンプー剤を選ぶべきです!

これいいから使ってみたら?と、お友達から紹介されても、

ご自分に合うかどうかは分からないのです。

顔かたちが人それぞれのように、髪や頭皮の質も同じ方はいらっしゃいません。

例えば、皮脂が多い方に・・しっとり系のシャンプーを使うと

その方の頭皮と髪は、ますますしっとり、べったりになってしまうと思います。

ある程度の脱脂力と、水分補給を兼ね備えたシャンプーとトリートメント選びを

なさった方がよいでしょう。

シャンプーは何でも良い訳ではありません。

きっと、ご自身に合ったものが見つかります。

その方の質に合わせたシャンプーを選ぶことが本当に大事だと思います。














12345678910

100件以降の記事はアーカイブからご覧いただけます。

このページのトップへ